子連れでも安心して治療出来る歯科医院

子供は歯医者が大嫌い。 子供が歯医者で泣くのは当たり前だと考えておいたほうが良いでしょう。 だからきっと歯医者さん側も、子供が歯医者に来て泣くことにはもう慣れていると思うんですよね。
しかし、その泣き方が普通の泣き方ではなく、体全体を使ったダダをこねるような泣き方だったらどうでしょうか? 歯科医師さんも歯科助手さんも皆苦労されることと思います。http://embellir.shop-pro.jp  
実は私の妹が子供の頃、物凄くダダっ子のきかんぼうだったのです。 幼稚園に入学した時も凄くダダをこねて大変だったのでした。 その年入学した中で一番の問題児とされていました(笑)。 若い先生では手に負えないからと、一番年配の先生が担任を名乗り出てくれた程です。
http://hirokazu.or.jp/
幼稚園でもダダをこねまくりの妹ですから、このうるさい妹を歯医者に連れて行くとなったらもう大変ですよ。 妹が一番最初に歯科医院を訪れたのは幼稚園の頃だったと思います。  私も幼稚園の時に初めて歯医者に行きましたが、私は全く泣かない子供でした。 だから先生も安心して治療出来たと思います。
でも妹は違いました。 私は一緒に行ってないので母から聞いた話であり、実際この目では見ていませんが物凄く暴れて大変だったそうです(笑)。 治療されたくまいと、口もしっかり開かなくて大変だったようです。 歯科医院には、口を大きく開けっ放しの状態にする為の器具があるそうです。
それを口の中に入れられたとか。  私は見たことありませんが、これを口の中に入れられると、口を閉じることは出来ません。 嫌でも口を開けっ放しにするしかないのです。
インプラント治療は弘英アライアンスへ
口を開けっ放しにしても、手でダダをこね続ける妹。 治療させまいと、今度は先生の手を掴んだそうです。 これでは一向に治療が進みません。 仕方ないので歯科医院側で、治療の間だけ手首を縛っておいたそうです。
大人になってからこの話を振り返ると妹は「あれは拘束じゃ!」なんて言ってるけど、 大事な歯の治療をする為にはこうでもしないと仕方ないと思います。 本当にこの歯科医院にはお世話になりっ放しです。 此処の歯科医師さんは、本当にいつも穏やかがまったりしている先生です。 絶対に患者さんに厳しいことを言ったりしません。 
こんなダダっ子な妹の歯を治療して下さり有難う御座います。 妹は今もこの歯科医院に通っていますが、勿論今は騒ぐことはありませんよ(笑)。春日市で歯医者をお探しなら田中歯科医院


スペシャルサンクス