名前入りのプレゼントや贈り物ギフトなら

先日、父が還暦を迎えました。
兄妹が多いので、贈り物は大きなものをひとつと、個々で気持ちを表そうと各自何かひとつ用意しようということになりました。
このひと月、何かいいプレゼントは探しまくりました。

父の趣味はゴルフなので、ゴルフグッズもアリと思ったのですが、クラブを母も含めみんなでプレゼントとしようということになったのでゴルフグッズは却下です。
あと父で思いつくもの、お酒ですねでもお酒をあげるのはなんとなく還暦のお祝いにはまた違うのかな、と思いこれも却下。
釣りも好きな父ですが、父の日に釣りのときに着られるジャケットを父の日に贈ったのでこれも却下。釣り関連で・・・とも思いましたが、イマイチ釣りってわからないので難しいんですよね。http://masuku-kan.co.jp/ 

父へのプレゼントとネットで調べて、コレだというものを見つけました。枡です。あのお酒を飲むときの枡です。四角いあの枡。お祝いには欠かせない系ですよね。
ただの枡では物足りないので、更にネットで見ていると枡に名前やメッセージを入れることができる名入れサービスのあるお店を発見。
これなら世界に一つしかない贈り物になると思いませんか!?
いつもテキトーな私がピンときました。贈るものが決まったら兄妹に確認して被らないか聞いておこうと思いましたが、升は被らないだろうと踏み、確認しませんでした。名前入れはカブったとしても、きっと升は大丈夫なはずです。というか自信満々の私でした。

ゴルフコンペ賞品 還暦お祝いパーティーを家族と親戚とで集まり、開催しました。ホテルの小さな会場です。
会場と聞くと大げさですね、本当に小さなところですよ。土曜日の昼に開催でした。遠いところでは秋田から足を運んでくれた親戚もいまして、なかなか盛大になりました。
内輪のパーティーですから、喋って食べて飲んでの宴会ですが、最後にプレゼントを渡すときは盛り上がりましたね。その場で父がひとつひとつ開けて見たので、ワーと盛り上がりましたよ。
私の枡は案の定、誰とも被りませんでした。毎日使うものではありませんが、記念の逸品としては最高だと思います。
兄妹のプレゼントで考えたなと思ったのが旅行でした。一泊二日の温泉旅行。近場の温泉ですが、昔家族で行ったことのある旅館を選んだあたりが気が利いてるなと思いました。あの頃を懐かしむのと、温泉で疲れを癒やし、また更に元気でいてくれという願いをこめてだそうです。升のギフトとタメ張りますね!(笑)

無事、還暦のパーティーは終了し、私の贈った枡は実家のリビングのサイドボードの上に飾ってあります。父は母に「升を貰ったんじゃ、酒は一生やめられないな」と言っていたそうです。それも確かに思いました。
でも好きなものをガブガブとではなく、身体を壊さない程度にずっと飲んでいてほしいというのが私の願いです。健康を思うとやめてほしいのは山々ですが、好きなものは好きでいてほしいんです。健康管理は母に任せて(笑)、ある程度趣味を謳歌してほしいものですね。

もしどなたかへの贈り物で迷ったら、困ったら、名入れの枡はいかがでしょうか。お酒好きな方へはとても喜ばれるとおもいますよ。世界に一つのオリジナルプレゼントですからね。そこもポイントです。

先日友人の結婚式に参加したのですが、やはりカタログギフトが引き出物の中に入っていました! 魅力的な商品が沢山あり何を注文するかとても迷いました。
最終的に水族館のチケットか加湿器かハートのお皿セットから選ぶことにしました。 そこで母に相談すると 「せっかくだからいつまでも記念に残るものがいいんじゃない?」 と言われたので、ハートのお皿のセットにしました!
実は以前親戚の結婚式の引き出物の際は、その時必要だった毛布と交換しました。 後から思い返せば、もっと記念に残るものにすればよかったと思ったことを思い出し、 母の助言通り思い出に残りそうなものにしました。

母がいただいたのですが、良い商品がなかったみたいなので 私にくれました。 その時はとても嬉しく熟読して商品を選びました。 悩みに悩んだ結果、たこ焼き機にした思い出があります。
今でもそのたこ焼き機は実家にあります。 ただ最近誰も使っていないみたいなので、持ち出してこようかなと。 思い出しました。
こういった商品を選ぶときって消耗品にする人と残るものにする人って分かれますよね。 私は思い出に残るように、残るものを選ぶようにしています。 友人のプレゼントを買うときもつい残るものを選んでしまいます。 ただ年齢を重ねるになるにつれ消耗品のが喜ばれるようになってしまいますよね。

私くらいの年齢になると、結婚や出産ラッシュが続きます。大体3ヶ月に1度は結婚式だったり、 赤ちゃんができました!というニュースを聞いたりするんです。 もちろんおめでとう!という気持ちが一番にくるんですが、その次には『お祝いをどうしよう・・・』という悩み。 こういうのって、仲の良さの度合い?も関係あるもので、やり過ぎも返って迷惑だったりするし、あまりにもチープすぎるのは考えものですよね!? 毎度毎度悩みます。季節に左右されるものもイヤですし、その時の経済状況もあるし。 もらったことはありますが、ピンときていなかったものです。 一、二度は商品を選んで送ってもらったこともありましたが、贈る側となるとスッカリ忘れているものですね。 確かに選んで商品が来るのを待っていたときは本当にワクワクしたことを思い出しました。
カタログを見るのって楽しいんですよね。で、そのカタログギフトを思いついたんです。 探してみると、約2,000円のコース~約50,000円のコースまで幅広くあるんですね。
価格とある程度のテーマを決めるだけで、その後の商品は受け取る本人が決める。なんと便利なシステムでしょうか! それほど親しくない方、すっごく仲良しの友だち等、使い方をきちんと分けられるし、価格設定も細かいのでお財布にもやさしいと思います。 カタログギフトを贈り始めたらもうそればかりです。香典返しのギフト選びはぎふときゃっする

何十という種類を見てお祝いを選ぶのは本当に大変なので、これなら金額だけなんですもの。 時短にもなって本当に楽チンです。カタログを選んで、あとはやっといて~のような流れなわけです。
きっと多くの皆さんがお祝いに悩んでると思いますがいかがでしょうか?やっぱりラッシュってあるものですし、 まして自分が結婚も出産もしていないので、必要なもの、そうでないものがよくわかんないですし。 気持ちが大切、そうだと思います。でもやっぱり下手なものはあげたくない! そんなときはカタログギフト、お勧めですよ。私は完全に使い分けています。何が欲しい!?
と聞ける相手もいればそうでない相手もいますので、聞くことができない(むしろ失礼になったりする)場合は決まってカタログギフトです。 今は出産のお祝い、結婚のお祝いなどなど、種類も豊富なので、カタログギフト選びも少し楽しいかもしれません。




スペシャルサンクス